編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

6カ月ごとに新リリース--「Java」を無料で学習するならGitHubも選択肢に

ZDNet Japan Staff

2019-11-17 08:00

 需要の多いプログラミング言語を学びたい人にとって、「Java」は何年も前から安全な選択肢となっている。

 企業の大黒柱であり、ウェブの定番であるJavaは今後も長い間、雇用主の間で高い人気を維持する可能性が高い。

 先頃、Googleが「Android」開発者向けのツールやガイドの作成時にJavaよりも「Kotlin」を優先すると発表したことで、Javaはモバイル分野で打撃を受けたかもしれないが、Javaは今でもAndroid開発に広く使用されている。

 それを考えると、Javaが人気プログラミング言語ランキングのTIOBE Indexで今も首位を維持しており、雇用主からの需要が最も多いプログラミング言語の1つとして評価されていることは、おそらく驚くに値しないことだろう。

 Javaの変更のペースもかつてないほど速くなっている。今では6カ月ごとに同言語の新リリースが提供されており、並行処理の改善から、頻繁に呼び出されるコードの最適化まで、あらゆることに対処する興味深い変更が多数予定されている。

 Javaを学ぶための無料ガイドはたくさん提供されているが、学習を開始する場所を探しているのなら、GitHubを選んでおけば問題ないだろう。GitHubでは、さまざまなチュートリアルやガイド、コードの例が提供されている。

 本記事では、Java学習者の支援を目的とするGitHub上のリポジトリ(英語)の中から、最も評価の高いものを10件紹介する。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年8月7日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]