編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

AGC、全社共通の主原燃料購買・在庫管理システムを刷新

NO BUDGET

2019-11-18 10:15

 AGC(旧称、旭硝子)は、Microsoftの「Dynamics 365 for Finance and Operations」とJFEシステムズ製のテンプレート「SIDEROS MI TEMPLATE for Dynamics 365」を活用して、全社共通の主原燃料購買・在庫管理システムを刷新した。

 今回のシステム刷新により、30年以上前のメインフレーム主流の時代にフルスクラッチで構築し国内9拠点に存在していた旧システムを統合するとともに、工場ごとに異なっていた購買業務を標準化した。

 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operationsは、統合型のクラウドERPソリューションで、販売、購買、会計、サプライチェーン、生産管理を始め、プロジェクト会計や流通・小売業向け機能を備えている。

 SIDEROS MI TEMPLATE for Dynamics 365は、Dynamics 365向けに、JFEグループをはじめとする製造業向けのシステム導入で培った膨大なノウハウをもとに、ガラス・土石製品、化学、金属、繊維メーカーで必要な機能を実装したERP(統合基幹業務システム)のためのテンプレート製品になる。

 AGCは、製品選定にあたり、「業務の必須要件に適合したパッケージ製品」、「ユーザーが抵抗なく受け入れられる」「グローバルでも利用できる製品」の3つを要件とし検討した結果、今回の導入に至った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]