編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

スパコン「TOP500」、上位は変わらず--「Green500」は「富岳」プロトタイプが首位

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-11-19 16:23

 世界最速のスーパーコンピューターでも1万年かかるとされる処理を、200秒で実行できるという量子コンピューターの話題であふれているが、ほとんどの場合において、スーパーコンピューターは何よりも速いというのが純然たる事実だ。そして、最新のスーパーコンピューターランキング「TOP500」では、ランキング最下位レベルでも処理速度が驚きの1.14ペタフロップスに達している。

 ランキングの上位は、2019年6月のリストから変わっていない。首位は米オークリッジ国立研究所の「Summit」で、「High Performance Linpack」(HPL)のベンチマークで148.6ペタフロップスの記録をたたき出した。SummitはIBM製のスーパーコンピューターで、CPUに「IBM POWER9」、GPUに「NVIDIA Volta GV100」を使用している。

 2位はやはりIBM製マシンであるローレンスリバモア国立研究所の「Sierra」だったが、性能にはかなり差がある。SummitとSierraは同じチップを使用しているが、こちらの処理速度は94.6ペタフロップスだ。

 僅差での3位は「Sunway TaihuLight(神威・太湖之光)」で、93.0ペタフロップスだった。神威・太湖之光は中国の国家並列計算機工学技術研究センターが開発したもので、江蘇省無錫市の国立スーパーコンピューターセンターに設置されている。プロセッサーには独自開発の「申威26010(SW26010)」が使用されている。

 4位の「Tianhe-2A(天河二号)」は、中国人民解放軍国防科学技術大学(NUDT)が所有し、広州の国立スーパーコンピューターセンターに設置されている。61.4ペタフロップスの性能を備え、Intelの「Xeon」「Matrix-2000」プロセッサーで構成されている。

 初めてリストに登場したスーパーコンピューターの中でもっとも高速だったのは、米レンセラー工科大学のCCI(Center for Computational Innovations)が持っている「AiMOS」だ。AiMOSは8.0ペタフロップスの性能で24位にランクインした。これもIBM製のシステムで、SummitやSierraと同じく、CPUにPOWER9、GPUにNVIDIA Volta GV100を使用している。

 中国が開発する高速なスーパーコンピューターは引き続き増えており、今やTOP500の半数近く(227台)が中国のマシンだ。一方、米国製のシステムの数は、過去最低に近い118にとどまっている。とは言え、平均で見れば米国のシステムの方がはるかに大型で高速だ。そのため、パフォーマンスの合計では、米国のスーパーコンピューターがTOP500の37.8%を占めている。パフォーマンスにおける中国のシェアは、僅差の31.9%だった。

 TOP500では上位の順位に変わりはなかったが、「Green500」では変化があった。Green500は電力効率が高いスーパーコンピューターのランキングだ。新しい首位は、「A64FX」を使用した富士通らのスーパーコンピューター「富岳」のプロトタイプで、性能は消費電力1ワット当たり16.876ギガフロップスだった。また、わずかな差で後塵を拝し、2位となったのは、PEZY Computingのプロセッサー「PEZY-SC2」を搭載したZettascalerシリーズのスーパーコンピューター「NA-1」で、1ワット当たり16.256ギガフロップスだった。これらはどちらも日本のマシンだ。

 3位にランクインしたのは前述のAiMOSで、速さと電力効率が両立できることを証明した。

 高速なコンピューターを作るには高速なチップが必要だが、重要なのはプロセッサーだけではない。CPUが高いパフォーマンスを発揮するには、データも高速にやりとりする必要があるためだ。TOP500の52%(258台)ではインターコネクトにイーサネットを使用しているが、「InfiniBand」も採用されている。TOP500のうち140台のスーパーコンピューターでInfiniBandが使われている。しかし性能では、パフォーマンスの合計でInfiniBandの方が上回っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]