編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

エプソン、複合機などのサブスクリプション対応を強化--中高速モデル拡充

藤代格 (編集部)

2019-11-22 07:15

 セイコーエプソン(エプソン)と国内での販売を手がけるエプソン販売は11月19日、合同でサブスクリプション型のサービスプラン「スマートチャージ」に対応するプリンターや複合機の新モデルを発表した。

 高速プリントが可能な「ラインヘッド方式」を採用するLXシリーズに「LX-10050MF」など3モデルと、「シリアルヘッド方式」を採用するPXシリーズの「PX-M7090FX」などの3モデル、計6モデル。高中速製品のラインアップを強化する。LXシリーズは2月上旬から、PXシリーズは1月下旬から順次発売する。

多くのインクジェットプリンターはシリアルヘッドを採用しているという(出典:エプソン)
多くのインクジェットプリンターはシリアルヘッドを採用しているという(出典:エプソン)

高速プリント可能なLXシリーズは60枚機追加

 LXシリーズには、毎分A4カラーを100枚印刷できるLX-10050MFのほか、75枚の「LX-7550MF」、60枚の「LX-6050MF」の3モデルのカラー複合機を投入。両面印刷などのパターン、用紙サイズなどに依存しない印刷速度を提供しつつ、60枚モデルを新たに加えた。

LXシリーズ3つの新機種(出典:エプソン)
LXシリーズ3つの新機種(出典:エプソン)
LX-10050MF(出典:エプソン) LX-10050MF(出典:エプソン)
※クリックすると拡大画像が見られます

 ファーストコピーも強化。2017年2月に発売した100枚モデル「LX-10000MF」の8.9秒と比べ、LX-10050MFでは4.9秒に短縮したという。1枚目から大量印刷まで、あらゆるプリントシーンに高速対応できるとしている。

 解像度は600×1200dpiまでに対応。インクのドットサイズを印刷データに応じて制御し、鮮明にプリントできるという。スキャナーは蛍光ペン色の読み取りを可能にしている。

従来機との比較(出典:エプソン)
従来機との比較(出典:エプソン)
ボックス保存概要(出典:エプソン) ボックス保存概要(出典:エプソン)
※クリックすると拡大画像が見られます

 オプションには、ステープルと中綴じ製本ができる「中綴じフィニッシャー」を用意。パンチユニットを追加すれば2穴、4穴の穴あけもできるという。

 スキャンや印刷データを内蔵されたハードディスクに保存、必要な時に印刷、メールやファクス送信などに活用できる「ボックス保存」機能も追加。Windowsに対応し、JPEG、TIFF、PDF、PDF/Aで出力可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]