編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Facebook、マイクロソフトの「Visual Studio Code」をデフォルトの開発環境に

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-11-21 13:43

 Facebookは、人気の高いMicrosoftのコーディング環境「Visual Studio Code」(VS Code)をデフォルトの開発プラットフォームにしているという。

Visual Studio Code
提供:Facebook/Microsoft

 Microsoftによるオープンソースの統合開発環境(IDE)であるVS Codeは、世界中の開発者の間で人気を博している。Stack Overflowの2018年版開発者調査では、最も人気の高い開発環境とされていた。

 クロスプラットフォームのVS Codeは現在、Googleの開発者にも広く利用されているようだが、Facebookでも開発に不可欠な要素となっており、FacebookはVS Codeをデフォルトの開発環境にしているという。

 Facebookのエンジニアは以前、社内の開発環境「Nuclide」を使用していたが、同社は2018年終盤、VS Codeに移行すると発表した。FacebookでデベロッパーアドボケイトJoel Marcey氏によると、VS Codeは現在、社内で「広く」ベータで利用されているという。

 FacebookはVS Codeをデフォルトの開発環境にしようとしているが、同社は「開発環境を指定」しているわけなく、「Vim」や「Emacs」といった他のIDEを利用している開発者もいるとMarcey氏は述べている。それでも、FacebookがVS Codeをデフォルトの開発環境にするというのは、同社での開発の将来のためにVS Codeを支持しているということだ。

 Marcey氏は、「VS Codeは非常に人気の高い開発ツールであり、Microsoftとオープンソースコミュニティから多大な投資とサポートを受けている」と述べている。

 「『macOS』『Windows』『Linux』で動き、安定した明確な拡張APIがあるため、当社で行われている大規模な開発に必要とされる重要な機能を開発し続けられる。VS Codeは、当社の開発プラットフォームの未来を安心して任せられるプラットフォームだ」(Marcey氏)

 またFacebookは、MicrosoftのVS Codeのリモート開発拡張機能の改善を支援し、リモートデスクトップ体験を向上しようと取り組んでいる。

 Marcey氏は、「Microsoftが製品開発を強化するのを手助けするため、われわれはNuclideで培ったリモート環境を支える経験と専門知識によって、情報を提供してきた。また、Microsoftがこうした強力なリモート開発環境を構築していることで、われわれは独自のカスタムソリューションから離れることができた」と述べた。

 またMarcey氏は、Facebookは「多言語」環境であり、「Python」や「C++」「Java」はもちろん、Facebookが開発した「Flow」「Hack」「Reason」など、複数のプログラミング言語を使ってコードを書いているとしている。

 同氏によると、VS CodeのFlow拡張機能は、2015年に初めてVisual Studioのマーケットプレイスに登場して以来、積極的に開発が進められてきたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]