編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
日本株展望

押し目待ち?晴れた日には「ダウ3万ドル」が見える--優良30銘柄の業績予想

ZDNet Japan Staff

2019-11-22 10:34

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 香港情勢と米中交渉を巡る不透明感で株価反落
  2. 晴れた日には「2020年のダウ平均3万ドル」が見えてきた
  3. ブルーチップ(米優良銘柄)の予想PERと利益成長期待

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

香港情勢と米中交渉を巡る不透明感で株価反落

 米国市場では高値警戒感と米中交渉の先行き不透明感で米ダウ平均が反落。リスク回避の円高、人民元安、香港株安などを嫌気して日経平均も下落した(21日)。香港で市民デモが激化するなか、米国の上院議会・下院議会は「香港人権法案」を圧倒的多数で可決。トランプ大統領は同法案に署名する見通しだ。

 法案が成立すれば報復すると明言していた中国と米国が政治面で衝突する可能性があり、市場が期待していた米中貿易合意(第1段階)が頓挫するリスクを連想させる。当初は「11月内」と見られていた「貿易合意は2020年にずれ込む」(ロイター報道)との悲観的観測も出てきた。

 こうした環境変化を受け、10月に持ち直しが見られた人民元相場と香港株式に売り圧力が見てとれる(図表1)。当面の焦点として、中国が「一国二制度」を認めず市民デモを武力制圧するか、その場合に米国政府が何らかの対中制裁に踏み切るか、中国共産党政府の対米報復措置とその影響などが懸念される。

 ただ、2020年の大統領選挙で再選を目指すトランプ大統領は、貿易摩擦を巡る不確実性を緩和させ、景気てこ入れと株高を優先したい意向で、中国の習近平国家主席も減速する景気を下支えしたいと思われる。「決定的な対決」を避けたいのが両国首脳の「本音」と思われ、事態を注視する必要がある。

図表1:香港情勢激化が人民元相場と香港株の重石に

(出所)Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2019/1/1~2019/11/21)
(出所)Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2019/1/1~2019/11/21)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]