編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

注目の開発者に聞いた「学んで良かったプログラミング言語は?」

ZDNet Japan Staff

2019-11-23 08:00

 コーディングを学習すれば、「あらゆる分野で役立つ物事の考え方ができるようになると思う」とMicrosoftの創設者のBill Gates氏は過去に述べたことがある。しかし、プログラミングを学習することで考え方が変わるのなら、その新しい視点を形成するのは、自分の選んだプログラミング言語だということになる。

 プログラミング言語のファミリーには、開発者が問題を解決する方法を制限する独特のスタイルがある。「Haskell」の関数であれ、「Java」のクラスであれ、究極のソリューションを実現するのは、各プログラミング言語が提供するツール群だ。

 初心者は特定のプログラミング言語を避けるべきだと考える人々もいる。彼らが懸念するのは、それらの言語の拙い設計のせいで、悪い癖がついてしまうことだ。

 著名な現役開発者たちが、個々のプログラミング言語の影響力を考慮して、特に学習して良かったと思っている言語とその理由を以下で紹介する。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年8月28日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]