編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

AWS、自律走行レースリーグ「DeepRacerリーグ」を拡大へ--新型レースカーも

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-11-28 13:01

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月27日、同社が開催する自律走行型レーシングカーリーグ「AWS DeepRacerリーグ」に新たなレースや特徴を追加するとともに、新型のレーシングカー「AWS DeepRacer Evo」を発表した。

提供:ZDNet.com
提供:ZDNet.com

 2018年に立ち上げられたAWS DeepRacerリーグは、自律走行型レーシングカーの開発者向け世界リーグと銘打たれている。このリーグの目的は、コードとシミュレーションによって、1/18スケールの完全自律駆動型レーシングカーを作り上げ、レースを行うというものだ。

 最初に発表された完全自律走行のレースカー「DeepRacer」は、Intel製「Atom」プロセッサー、解像度1080pの4メガピクセルカメラ、高速Wi-Fi、複数のUSBポート、およそ2時間持続するバッテリーを搭載していた。

 新型のDeepRacer Evoは、車が障害物を検知して対応するのに役立つステレオカメラとLiDARセンサーを搭載し、強化学習について学ぶ手段が増えた。

 AWSはDeepRacerリーグの規模を拡大することも発表した。その一環として、既存のタイムトライアルレースに加えて2種類の新しいレースを開催する。センサーで障害物を検知して回避するレースと、2台のDeepRacerが1つのコース上で直接対戦するレースだ。

 さらに5カ国で8レースを新たに加え、18のバーチャルレースを追加するほか、2020年に開催される次回の「re:MARS」カンファレンスでもレースを開催する。

 12月の「AWS re:Invent」では、2019年のDeepRacerリーグに向けた最終選抜レースとチャンピオンカップが開催される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]