編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
調査

IT人材に今求められるスキル、コミュニケーションなど重視の傾向--CompTIA

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-12-09 08:30

 ITマネージャーや人事担当責任者がIT系スタッフに求めているスキルは変化しつつあり、特に米国などでは社内全体でコミュニケーションを取って協力できる人材への関心が高まっているようだ。

CompTIA
提供:CompTIA

 テクノロジー業界団体CompTIAの調査によると、技術に関する複雑な問題に取り組める新しい社員だけではなく、チームワークやビジネス感覚も重視されつつあるという。

 「20年前、ステレオタイプのITワーカーは著しくインフラスキルに集中しており、どちらかというと他の部門から孤立して働いていた」(CompTIA)

 企業は現在、専門的スキルだけでなく、他の部門とコミュニケーションを取って協力できるテクノロジー系プロフェッショナルも求めているとCompTIAは指摘している。

 CompTIAは2020年の展望を示したレポートで次のように述べている。「コミュニケーションやチームワークといったエンプロイアビリティ(雇用されるに値する能力)は、もはや管理職コースの労働者だけのものではなく、今ではすべてのレベルの労働者に求められている」

 米国でITマネージャーが採用時に求めているスキルは、「問題解決能力」が最上位となり、「チームワーク」が僅差で2番目になっている。一匹狼のような開発者に関する根拠のない通説や、誰とも緊密に協力せずにコードの作成や修正ができる「10x developer」(普通の人と比べて生産性が10倍という開発者)という考えを支持している人には意外な結果かもしれない。

 このほか、ユーザーエクスペリエンス、特定分野のスキルの深さ、コミュニケーションが上位5つを占めた。

 求人ウェブサイト「Indeed.com」の分析によると、プログラミングに関しては、米国の労働市場でもっとも需要の高いITスキルはSQLとJavaだ。Pythonの専門知識の需要も高いという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]