編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

HPE、5G見据えたエッジサーバー新製品--基地局以外の場所でも稼働可能 - (page 3)

河部恭紀 (編集部)

2019-12-02 07:50

 そして、もう1つは、企業や地方自治体などによる5Gのプライベートなエッジクラウド。「通信事業者によって5G通信が全国展開されるまで時間がかかるため自分たちで先に閉域網で開始したい、または、情報のセキュリティを担保するため自分たちで設計したい、ということで”ローカル5G”という使われ方も考えられる」(五十嵐氏)が、そこでクラウドやデータセンターとしての活用がなされれば、5Gクラウドの展開が可能となる。

 たとえば、工場において、Wi-Fiや有線ネットワークの代わりに5Gを導入することで、IoTのデータを収集し、リアルタイムで分析できるようになる。また、スタジアムで大量のデータを処理して使うということも可能だ。

 5Gクラウドで求められるのは、仮想無線アクセスネットワーク(vRAN)とMEC基盤。その上で稼働するアプリケーションの基盤としてAR/VRや人工知能(AI)などがある。EL8000では、データセンターレベルのCPUやメモリー、ストレージを備えているため、これらの技術を使って5Gクラウドを実現することが可能となっている。

5Gクラウド

 EL8000は、通信事業者では基地局に主に設置されるが、ローカル5Gの場合、工場やスタジアムといったデータセンターレベルの環境を持たない場所に設置される。そのような状況でも、前述のコンパクトさや動作温度範囲によって利用が可能となっている。

 また、EL8000が「ひとつの小さなデータセンターである」(北本氏)という特性を生かして、屋外に持ち出して、孤立した場所でデータセンターとして使用することもできる。たとえば、海外では軍での利用、日本では災害時での利用が考えられるという。

 HPEは、通信業界に向けた取り組みとして、サムスンと協業し、vRANと5Gコアソリューションの提供により通信ネットワークの5G対応を促進することを目指している。また、Nokiaとの提携において、ローカル5Gを実現する取り組みを進めている。

HPE Edgeline EL8000 Converged Edge System
HPE Edgeline EL8000 Converged Edge System

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]