大日本印刷と英アーム、IoTサービスの開発を発表

ZDNET Japan Staff

2019-11-29 13:39

 大日本印刷株式会社(DNP)と英Armは11月29日、モノのインターネット(IoT)分野での協業を発表した。IoTサービスの開発、提供に向けた「次世代のIoT事業を創出するプロジェクト」を12月に開始する。

 協業の第一弾では、DNPのセキュアエレメント「eSE(embedded Secure Element)」とArmのIoTクラウドサービス「Pelion IoT Platform」を組み合わせたサービスを開発する。eSEは、暗号鍵や証明書などを保持して通信内容を保護する組み込み機器向けの技術。2018年に開発され、機器メーカーや金融機関の端末などに使われている。ArmのPelion IoT Platformは、通信機能を持つ機器から取得したデータの送信や遠隔管理などの機能を提供する。

 DMPは協業により、IoT機器に対する第三者からの改ざんやなりすまし、システム侵入などの攻撃に対策するほか、IoT機器の管理やデータ通信の安全性を確保するとしている。両社は2019年度末にプロトタイプの開発と検証を行い、2020年度に商用化する予定。2021~2023年度で延べ10億の売上げを見込む。

協業イメージ(出典:DMP)
協業イメージ(出典:DMP)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]