編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

東芝、分散DBの最新版「GridDB v4.3」を提供--内部のデータ管理構造を最適化

大場みのり (編集部)

2019-12-03 17:07

 東芝デジタルソリューションズは12月3日、分散データベースの最新版「GridDB v4.3」の提供を開始した。ペタバイト級データを少ないサーバー台数で管理可能にする技術を搭載し、ビッグデータやIoTデータへの対応を強化した。GridDBは、社会インフラなどの必要不可欠なシステムにおいて時系列データの処理に活用されている。

 IoTシステムには、デバイスや長期の稼働を経て蓄積するデータサイズが増えてきており、ペタバイト級データの管理が必要となっている。一方で、数十台のサーバーからなる大規模なクラスタシステムはコストが高くなるため、より少ないサーバーからなる小規模なクラスタが望まれるケースもある。これらのニーズを満たすには、クラスタを構成する1サーバー当たりに蓄積できるデータベースの最大サイズを大きくする必要があると東芝デジタルソリューションズは説明する。

 そこで同社は、GridDB内部におけるデータ管理構造の最適化を行うことでリソース使用量を削減し、1サーバー当たりのデータベース最大サイズを増加。この強化とともに、データベースのバッファ制御機能、クラスタ内のデータ配置機能、複合索引などの機能を強化し、大規模データに対する処理性能も向上させたという。その結果、要件に応じてスケールアウト(サーバー台数を増やすことで、処理能力を高める手法)とスケールアップ(サーバーを高性能にすることで、処理能力を高める手法)を組み合わせることで、少ないサーバー台数でもペタバイト級データをミリ秒オーダーで処理できるようになったとしている。

(出典:東芝デジタルソリューションズ)
(出典:東芝デジタルソリューションズ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]