編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

A.L.I.と三菱電機、水道事業でのブロックチェーン活用を実証

NO BUDGET

2019-12-04 11:05

 ドローン・AI事業、演算力シェアリング事業、エアーモビリティ事業を手掛けるA.L.I. Technologiesは、三菱電機と水道事業におけるブロックチェーン技術活用への協業に向けた実証実験を開始したと発表した。

 水道事業を運営してきた自治体は、10月1日に施工された改正水道法に伴い、浄水場などの施設を所有したまま、施設の運営を民間事業者に委ねることが可能となり、利用者ニーズを反映した多様なサービスの提供が期待されている。一方で、運営が適切に行われなければ水質が悪化する危険性もあり、民間事業者は透明性確保やサービスの安全性に対する説明責任が強く求められる。

 今回の実証実験は、水道サービスが適切に運営されていたかを有事の際に事後的に立証できる仕組みで、決められた時間ごとの運営の適正性を証明するために必要なデータ群(水質やオペレーションデータ)を特殊な形式でパブリックブロックチェーンへ記録する。将来そのデータが必要になった際に、該当時間のデータとブロックチェーンに記録したデータが合致していることで、データの真正性を証明する。

 水道事業者への運営システム納入を手掛けている三菱電機のソリューションに、A.L.I.の持つブロックチェーンの知見と技術を組み合わせることで、民間企業が単独で構築するのが難しい非改ざん証明能力の高いデータプラットフォームを実現する。これにより、水道事業民営化に向けたインフラの安全性担保、参入する民間企業の効率的運営、専用サーバーが不要なことによる水道事業全体の環境負荷低減に貢献するとしている。

図:実証実験のイメージ
図:実証実験のイメージ(出典:A.L.I. Technologies)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]