編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

無人レジシステムの画像認識学習を自動化--NTT Comと東芝テックが実証実験

NO BUDGET

2019-12-04 11:30

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と東芝テックは11月28日、NTTグループの人工知能(AI)技術の一つである「アングルフリー物体検索技術」を活用した画像認識型無人レジシステムの運用自動化に向けた実証実験を行うことを発表した。

 流通小売業で取り組みの進む無人レジシステムでは、各種センサーや画像認識AIで商品を自動認識することで、消費者がストレスなく購買できる。しかし、商品の自動認識を画像認識AIで行うためには、あらかじめ当該商品をさまざま条件で大量に撮影し、それらの画像をAIに学習させることが必要で、無人レジの実現の大きな課題となっている。

 今回、東芝テックとNTT Comが行う実証実験では、アングルフリー物体検索技術によって商品の画像をAIに学習させる稼働の削減を検証する。また、消費者が無人レジシステムを利用する過程で、AIの学習に必要な商品画像を自動的に登録し、効率的に学習する仕組みについても検証するという。

 実証実験は東芝テックのグループ従業員を対象に、関係会社の運営する「オーバルコート大崎マークイースト事業所内売店」で11月29日から2020年1月31日まで行われる予定。東芝テックがPOSシステムの受容性・業務効率性・事業性の検証、検証環境の構築を担当し、NTT Comは画像認識機能、追加登録機能の提供、サービスモデル検討、ネットワーク環境の提供を行う。

 東芝テックとNTT Comは、無人レジシステムの商品化を検討するとともに、実験で蓄積される分析の結果や知見を流通小売業のその他の業務へ応用することについても検討するとしている。

実証実験のイメージ(出典:報道資料)
実証実験のイメージ(出典:報道資料)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]