編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オムロンとスクエニ、人間のモチベーションを高めるAIを共同研究

大場みのり (編集部)

2019-12-10 16:11

 オムロンとスクウェア・エニックスは12月10日、オムロンの卓球ロボット「フォルフェウス」を用いて人間のモチベーションを高める人工知能(AI)の共同研究を開始したと発表した。研究期間は、2020年3月まで。同研究では、人間のさまざまなバイタルデータ(生体情報)から人間のモチベーションを高めるようなフィードバックを行うAIアルゴリズムを開発し、機械が人間に飛躍的な成長を促す技術の確立を目指す。

 フォルフェウスは、オムロンのコア技術「センシング&コントロール+Think」による「人間と機械の融和」を分かりやすく紹介するため、2013年に開発。それ以降同社は、人間の能力を引き出すべくコア技術を毎年進化させてきたとしている。そして最新の第5世代フォルフェウスでは、最先端のAIやロボティクス技術を搭載し、プロ選手とのラリーも可能な高い卓球スキルと、対戦相手を深く理解して一人ひとりに最適な返球やアドバイスを行うことで、人間の成長を促すコーチングができるまでに進化しているという。

 同研究では、オムロンが強みとする「人間の感情と能力を読み取るセンシング技術」と、スクウェア・エニックスがゲーム開発で培った「プレイヤーごとにゲーム展開を変化させ、人間の感情を揺さぶるAI技術」を組み合わせることで「プレイヤーに合わせて成長へのモチベーションを高める指導方法を考えるAI」を開発する。これをフォルフェウスに搭載し、同ロボットと人間が卓球を通してコミュニケーションをすることで、機械が人間のパフォーマンスを引き出すことを目指す。

フォルフェウス(出典:オムロン・スクウェア、エニックス)
フォルフェウス(出典:オムロン・スクウェア、エニックス)

 スクウェア・エニックスではテクノロジー推進部が中心となり、AI 技術の一つ「メタAI」がゲームプレイヤーの感情などを理解し、それぞれのゲームプレイヤーに適したコンテンツを提供することに取り組んでいる。また今後のデジタルゲームは、モニターや画面の中だけでなくスマートシティーなどの現実空間をベースとした領域へ拡張されることも想定している。その際、スクウェア・エニックスがゲームコンテンツを通して開発してきたメタAIが、現実空間において社会貢献できるよう、同研究に参画したとのことだ。

 オムロンは、同研究が実現した技術を同社が注力している領域であるFA(ファクトリーオートメーション)、ヘルスケア、ソーシャルソリューションに展開する。例えばFAでは、作業者の習熟度に合わせた機械の適切な支援によるモチベーション向上などへの活用が期待されるという。同社は、この研究を通して各領域における社会的課題の解決を加速していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]