編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NTTとマイクロソフトが戦略的提携--企業のDX促進や次世代技術で

山川晶之 (編集部)

2019-12-11 12:45

 日本電信電話(NTT)とマイクロソフトは12月10日、顧客のデジタルトランスフォーメンションを推進する、セキュアで信頼性の高いソリューションの提供を目的とした複数年にわたる戦略的提携に合意したと発表した。

キャプション

 これにより、NTTが持つICTインフラ、マネージドサービス、サイバーセキュリティの専門知識と、「Microsoft Azure」などマイクロソフトが持つクラウドプラットフォーム、AI技術を融合。Microsoft Azure上での企業向けデジタルソリューションの開発、「グローバルデジタルファブリック」の構築で協力する。また、次世代技術の共創にも取り組むという。

 グローバルデジタルファブリックは、マイクロソフトのクラウドとNTTが持つグローバルなICTインフラを組み合わせたソリューション。生産性向上ソリューションやパブリッククラウド、データセンター、ネットワークなどの両社が持つ強みを掛け合わせている。世界中の企業のデジタルトランスフォーメーションを加速するために、持続可能、かつセキュアで強固なデジタル環境の構築を目指すという。

 企業向けデジタルソリューションでは、企業がエッジからクラウドまでのセキュアな運用を実現するためのソリューションを、Microsoft Azureで開発。脅威情報の高度な分析、AIベースのデジタルアシスタントを備えたソーシャルロボティクス、デジタルワークプレイスソリューション、ナレッジマネジメントなどの実現を目指す。

 次世代技術では、NTTが提唱するIOWN(Innovative Optical and Wireless Network)構想の実現にむけて、すべての転送処理を光で処理する「オールフォトニクスネットワーク」や、実世界に存在するものをデジタルで高精度に再現する「デジタルツイン」をベースに、モノ・ヒトのインタラクションをサイバー空間上で自由自在に再現・試行が可能になる「デジタルツインコンピューティング」の研究開発で連携。この取り組みを通して、人と自然、技術の自然な相互作用を実現し、将来の光技術ベースのネットワークや情報処理基盤による社会の持続可能な成長をサポートするという。

 さらに両社は、NTTの持続可能な社会の実現にむけた取り組みとマイクロソフトの「AI for Earth」の助成プログラムをベースに、テクノロジーを活用したプロジェクトを共同で推進するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]