編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

プラザ賃貸管理保証、家賃保証サービスの契約を電子化

NO BUDGET

2019-12-12 16:46

 ドキュサイン・ジャパンは12月9日、家賃保証会社のプラザ賃貸管理保証が、電子署名サービス「DocuSign eSignature」を使ってサービスの契約を電子化したと発表した。

 家賃保証会社と不動産物件のオーナー、入居者の3者が家賃保証契約を結ぶ際、従来は入居者に連帯保証人を立てることで家賃滞納のリスクに備えるのが一般的だったが、近年は連帯保証人の代替として家賃保証サービスの利用が増えている。さらに2020年4月1日に施行される改正民法により、不動産の賃貸契約において連帯保証人の保証に金額の制限が設けられることになり、サービスの利用が増えると見込んでいる。

 プラザ賃貸管理保証は、eSignatureを用いて家賃保証会社と入居者が取り交わす「賃貸借保証委託契約」と、家賃保証会社と不動産物件オーナーが取り交す「賃貸借保証契約書」の2つの家賃保証契約を電子化した。家賃保証契約を電子化することで、契約締結までのスピードアップや手書きによる入力ミスなどを減らし、業務効率の向上を目指している。また、入居者や不動産物件オーナーは、紙への押印と郵送という煩雑なプロセスを使わずに、スマートフォン、タブレット、PCなどでデジタル管理でき、時間と手間を減らすことが可能になるとしている。

 プラザ賃貸保証への導入は、ドキュサインのプレミアパートナーであるリヴォートが担当した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]