編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

シスコ、「未来のインターネット」戦略--シリコンやソフトウェアのロードマップ示す - (page 2)

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 石橋啓一郎

2019-12-13 08:00

 8000 Series Routerは、Ciscoの未来技術戦略のもう1つの柱である新OS「Cisco IOS XR7」を搭載している。このOSによってダウンロード速度がより高速化されるとともに、セキュリティが強化される。

 Ciscoは、同社が現在ComcastやNTTコミュニケーションズなどの顧客とともに、「Cisco 8000」シリーズの展開と試験運用を進めていることにも触れた。

 同社は「Silicon One」の紹介に加えて、オプティクス分野に関する取り組みについても説明している。ポートのレートが100Gから400Gに上がったことで、インターネットインフラの構築、運用コストに占めるオプティクスコンポーネントの割合が増えている。Ciscoはこの状況に対応するため、同社のルーターやスイッチのポートのレートが上昇しても、信頼性や品質に関する業界の厳しい標準に適合するよう、組織的に投資を進めていく。また、品質担保プログラムによって、同社のオプティクス製品が標準に適合しているか、Ciscoの製品や非Cisco製品との相互運用に問題がないかをテストしていくという。

 Ciscoはまた、同社のオプティクス製品で初めて導入され、Cisco IOS XR7ソフトウェアのディスアグリゲーションにも適用された柔軟な消費モデルを、Silicon Oneでも提供する計画であることを明らかにした。

 Moor Insights & Strategyの主席アナリストPatrick Moorhead氏によると、シスコが示したこの戦略は、過去5年間で最大のものの1つだという。

 「この戦略は、同社のカスタムASICシリコンによって、多くの顧客の問題を解決する可能性がある。なぜならこの戦略では、1つのアーキテクチャーで多くのネットワーキングの利用事例に対応できるため、取り組みを1つのソフトウェアプラットフォームに集中させることができ、複数のプラットフォームに力が分散することがないためだ」とMoorhead氏は言う。「Ciscoは、このワンシリコンアーキテクチャーをスケールアップ、スケールダウンすることが可能だと証明する必要があるが、それは8000シリーズが関わるところだろう。この戦略は、この分野でネットワーキング製品と複数のASICチップで事業を展開しているBroadcomやArista、Juniperなどの企業にとって、脅威になる可能性が高い」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]