編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アクセンチュア、パブリッククラウドで基幹系を構築--ふくおかFGの勘定系に導入へ

石田仁志

2019-12-12 16:08

 アクセンチュアは12月11日、基幹業務のデジタル変革(DX)を支援するクラウドベースのシステム構築基盤「アクセンチュア クラウドネイティブ ソリューション」(通称:MAINRI)の提供を開始した。MAINRIを活用することで、最新のテクノロジーやDXに求められる要件を取り込んだ次世代型の基幹業務システムを、パブリッククラウド環境上に構築できる。ファーストユーザーとして、ふくおかフィナンシャルグループ傘下で2021年に開業予定のみんなの銀行が、勘定系システムとして導入を決定している。

v MAINRIは、「DXを支えるこれからの基幹業務システムはどうあるべきかを考え、ゼロベースで構築した」(アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービス グループ日本統括 マネジング・ディレクターの山根圭輔氏)という次世代基幹業務システム構築用のベースフレームワークとなる。現在は銀行向けに開発されているが、「あらゆる業界のDXに向けて最適化された基幹系業務システムを構築・運用するためのソリューション」(同氏)としている。

アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービス グループ日本統括 マネジング・ディレクターの山根圭輔氏
アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービス グループ日本統括 マネジング・ディレクターの山根圭輔氏

 MAINRIのシステムはマイクロサービスアーキテクチャーで構築されており、顧客を中心とした設計思想で、独立した顧客情報のマイクロサービスの横に基幹系業務のマイクロサービスを並べてシステムを構築していく形となる。全てのサービスはAPIで外部連携が可能になる。

MAINRIにおけるマイクロサービスアーキテクチャー活用の仕組み
MAINRIにおけるマイクロサービスアーキテクチャー活用の仕組み

 基幹システムに必須であるミッションクリティカル性を担保するため、負荷集中に耐えられるオートスケールアーキテクチャーを採用するとともに、セキュリティを考慮したDevOpsの仕組みを組み込み、ワンタッチで安全に最新バージョンのシステムを稼働できるようにしている。

 また、次世代基幹システムはグローバル化を視野に24時間体制で稼働することを想定しており、大量のデータを一括で処理するバッチ処理の影響でオンライン処理を止めないようにするため、バッチ処理を分散して負荷に応じてオートスケールするリアルタイム分散バッチ処理アーキテクチャーを採用している。その他に、全顧客行動データを集めるデータウェアハウス(DWH)によって全ての顧客データを瞬時に集めてリアルタイム分析し、即時アクションを実現する仕組みも実装している。

 MAINRIは「GoogleやAmazon、Netflixのようなクラウド技術のメリットを基幹系に活用するという方向性で開発している」(アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 ITソリューション マネジング・ディレクターの水上廣敏氏)という方針のもとで、現在はパブリッククラウド「Google Cloud Platform」(GCP)環境においてGoogleのクラウド技術を使って開発している。今後は、他のクラウド基盤にも展開する予定としている。

アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 ITソリューション マネジング・ディレクターの水上廣敏氏
アクセンチュア テクノロジー コンサルティング本部 ITソリューション マネジング・ディレクターの水上廣敏氏

 アクセンチュアはMAINRIを核にして、社内外システムの柔軟な連携を可能にする「アクセンチュア コネクテッド テクノロジー ソリューション(ACTS)」や、人工知能(AI)エンジンの最適な組み合わせを可能とする「AI HUBプラットフォーム」、ブロックチェーンエンジンを複数接続する「BlockChain-HUB」など、同社が提供するデジタルソリューション群を組み合わせ、マルチクラウド対応で次世代基幹システムを提案していく。

金融機関系システムの例
金融機関系システムの例

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]