PDF Report at ZDNET

宇宙ビジネスが台頭前夜、日本企業の準備は万端か

PDF Report@ZDNET

2019-12-19 06:00

 宇宙ビジネスというと、本格化までまだ先の話のようにも聞こえるが、もちろん既に始まっている。

 人工衛星を使ったGPSの仕組みが提供する位置情報などが、現在の新ビジネスの中核になっていることは間違いない。GPSを使ったビジネスの高度化、あるいは別次元への展開は今後も進むと考えられる。

 さらに、宇宙そのものの開発も進んでいく。人や物を宇宙空間に運ぶ、人工衛星を修理し寿命を延ばす、月や火星の開発も視野に入ってくる。

 一方で、こうした宇宙ビジネスに関連するサイバー攻撃が絶えないことも予想されている。サイバー攻撃からの防御も、当然宇宙ビジネスの1つとして入れていいものである。

 宇宙ビジネスの市場規模として、2040年代に1兆ドル(108兆円)と試算する投資銀行の調査データもある。宇宙への対応は、企業の戦略的な志向を示すだけでなく、長期的な浮沈を分ける鍵になるかもしれない。

 宇宙ビジネスに関する記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]