編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Python 3」移行で検討すべき対策--「Python 2」サポート終了が目前

ZDNet Japan Staff

2019-12-14 08:00

 「Python」に魅力を感じる開発者は記録的な速さで増えているようだが、このプログラミング言語の最新バージョンを使っていない開発者の前には、潜在的なセキュリティ問題が立ちはだかっている。

 数十年の歴史を持つこの言語は、2008年に公開された「Python 3」によって近代化を果たしたものの、旧バージョンのPythonとの互換性は失われてしまった。

 Python 2のサポート終了が数カ月後に迫った今も、Python 3への切り替えが済んでいない開発者がおり、Python 3に移行できていないプロジェクトもある。

 移行のプレッシャーは増大している。Python 2のインタプリターと、バンドルされたライブラリーのバグ修正の提供が、2020年1月1日で終了するからだ。

 移行の必要性は、多くの開発者に影響を与える可能性がある。周知のとおり、Pythonの勢いはとどまるところを知らず、その主な要因としては機械学習での利用が挙げられる。近いうちに世界で最もよく使われるプログラミング言語になると予想されるほどだ。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年9月26日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]