編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

沖縄電力とNEC、AI活用で交通事故の危険度を推定する実証実験を開始

大場みのり (編集部)

2019-12-16 15:28

 沖縄電力とNECは12月16日、交通事故の危険度を推定する実証実験を開始したと発表した。両社は、沖縄県うるま市内の通学路「安慶名(あげな)交差点」近くの電柱にカメラを1台設置。人工知能(AI)を用いて映像から交通流データを分析することで、危険度を推定する。実証期間は2020年2月まで。

 同実験は、沖縄県の「IoT利活用促進ネットワーク基盤構築・実証事業」の1つとして採択された。見守りを中心としたカメラの多目的利用とデータの利用により、安全な街づくりを目指すという。

 今回の実証では、AIを活用して電柱に設置した見守りカメラの映像から人や普通車、大型車などを識別しながら、車種別車両走行台数や速度、歩行者交通量といった交通流データを収集・分析。これにより、各時間帯における交通事故の危険度を推定する。カメラの映像データは即時に破棄されるため、個人を特定できる情報は保存されないとしている。データ取得期間は2019年12月9日~2020年2月8日まで。

 また、県内の団体・事業者が利用可能なIoT基盤「沖縄IoTプラットフォーム」により、自治体などが事故防止に向けてインフラ整備をしたり、市民への安全の注意喚起を検討したりする際のデータとして危険度情報を活用できるという。

 両社は今後、交通流データの他、交通事故データや学校・公共・福祉などの施設データ、各種イベントや気象データなどの情報も取り入れることで、さらなる予測精度の向上を目指していく。

分析画面イメージ(出典:沖縄電力、NEC)
分析画面イメージ(出典:沖縄電力、NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]