編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

富士通、5G通信に対応するPCサーバー「PRIMERGY RX2530 M4p」を発売

NO BUDGET

2019-12-17 12:48

 富士通は12月12日、PCサーバーの新機種「PRIMERGY RX2530 M4p」の販売を開始した。FPGAを統合した「Xeon Gold 6138P」プロセッサーを搭載し、独自設計の論理回路を組み込むことで、第5世代移動体通信システム(5G)向けの高速仮想スイッチを実現するとしている。希望小売価格は税別335万2200円から。

 RX2530 M4pは、仮想スイッチのパケット転送処理を、CPUに統合されたFPGAにオフロードさせることで、膨大な音声やセンサーなどのデータを想定した64バイト長ショートパケットを毎秒1億回処理することができる。これは、従来のCPUのみを利用した仮想スイッチと比べ、約4.5倍の処理速度に相当し、5G通信での超低遅延なデータパケット転送を可能にするという。

 また、富士通研究所が開発した仮想マシンと仮想スイッチ間のインターフェース変換技術や、同一サーバー内の複数のFPGAを活用して仮想スイッチのポート数を増やすソフトウェアと一緒に提供されるため、既存の仮想ネットワーク環境と同じ設定を行うことでネットワークを高速化できるという。FPGAとの併用により、余剰となったCPUコアをファイアウォールやロードバランサーなどのアプリケーション処理に振り向けることができ、効率的なリソース配分を実現するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]