編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
海外コメンタリー

2010年代を象徴するエンタープライズIT界のCEOたち--米ZDNetが選ぶ - 17/18

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-12-25 06:30

巨艦の方向転換:IBMのCEO Ginni Rometty氏

 IBMは今も、MicrosoftやApple、Googleといった新興IT企業よりもはるかに大きかった栄光の日々を取り戻す術を見つけようともがいている。同社の売上高は2012年から減少傾向にあり、2018年になってようやくわずかに上向いただけだ。しかし、2010年のIBMと現在の同社はまったく異なるという点で、Rometty氏の10年は注目に値する。 

 現在のIBMは、「Watson」のソフトウェアの形を取った人工知能(AI)と、クラウド(さらに場合によってはブロックチェーン技術)がこれからの鍵になると確信しているようだ。Ginni Rometty氏は現在、340億ドルもの費用をかけた大きなギャンブルを仕掛けている。その狙いは、Red Hatを買収することで、企業が好きなクラウドサービスを使えるようにクラウドをオーケストレーションするという、大きな市場を立ち上げて獲得することだ。買収は2019年7月に完了したばかりだが、Rometty氏は、「IBMにはそのニーズを掘り起こせる」と早い時期に証明することを求められるだろう。

巨艦の方向転換:IBMのCEO Ginni Rometty氏

 IBMは今も、MicrosoftやApple、Googleといった新興IT企業よりもはるかに大きかった栄光の日々を取り戻す術を見つけようともがいている。同社の売上高は2012年から減少傾向にあり、2018年になってようやくわずかに上向いただけだ。しかし、2010年のIBMと現在の同社はまったく異なるという点で、Rometty氏の10年は注目に値する。

 現在のIBMは、「Watson」のソフトウェアの形を取った人工知能(AI)と、クラウド(さらに場合によってはブロックチェーン技術)がこれからの鍵になると確信しているようだ。Ginni Rometty氏は現在、340億ドルもの費用をかけた大きなギャンブルを仕掛けている。その狙いは、Red Hatを買収することで、企業が好きなクラウドサービスを使えるようにクラウドをオーケストレーションするという、大きな市場を立ち上げて獲得することだ。買収は2019年7月に完了したばかりだが、Rometty氏は、「IBMにはそのニーズを掘り起こせる」と早い時期に証明することを求められるだろう。

提供:Tyler Lizenby/CNET

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]