編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
海外コメンタリー

2010年代を象徴するエンタープライズIT界のCEOたち--米ZDNetが選ぶ - 18/18

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-12-25 06:30

長期戦:ファーウェイの創業者兼CEO 任正非氏

 中国の大手IT企業である華為技術(ファーウェイ)を率いて40年になる任氏にとって、2010年代は、電気通信事業者向け通信機器の市場から、きらびやかなスマートフォン市場やデータセンター市場に打って出た10年間になった。

 ファーウェイは、米中貿易戦争の象徴的な存在になったために、自社のデバイスに米国の部品を使用できなくなった。同社は現在、独自OSの開発にまい進している。ファーウェイはネットワーキング業界の世界的な巨大企業だ。 

 同社は、一部の国で5G参入を禁じられても歩みをやめていないが、同社の中国政府との結びつきについての疑問は解消されていない。ファーウェイは、こうした懸念はねつ造されたものだと主張しており、この種の発言に対して法的措置を取る動きもある。

長期戦:ファーウェイの創業者兼CEO 任正非氏

 中国の大手IT企業である華為技術(ファーウェイ)を率いて40年になる任氏にとって、2010年代は、電気通信事業者向け通信機器の市場から、きらびやかなスマートフォン市場やデータセンター市場に打って出た10年間になった。

 ファーウェイは、米中貿易戦争の象徴的な存在になったために、自社のデバイスに米国の部品を使用できなくなった。同社は現在、独自OSの開発にまい進している。ファーウェイはネットワーキング業界の世界的な巨大企業だ。

 同社は、一部の国で5G参入を禁じられても歩みをやめていないが、同社の中国政府との結びつきについての疑問は解消されていない。ファーウェイは、こうした懸念はねつ造されたものだと主張しており、この種の発言に対して法的措置を取る動きもある。

提供:Fabrice Coffrini / AFP/Getty Images

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]