編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
調査

「70%が着手」--電通デジタルが日本企業のDXを調査

NO BUDGET

2019-12-18 18:37

 電通デジタルが実施した調査で、日本企業の70%がデジタル変革(DX)に着手していると分かった。

 DXの取り組みでは、データ活用戦略の策定や組織・人材開発などが増加し、より中期的な視点でDXに取り組む傾向がみられる。また全社的な変革をリードする人材として、CDO(最高デジタル責任者)への期待が引き続き高まっている。

 調査ではDX推進の成果について聞いており、「経営層のコミットメントとDX全体戦略の経営計画への組み込み」「DX専門組織と専任の役職者の設置」「短期的ではなく中期的な収益貢献への期待」など、DXにおける成果創出のポイントが浮き彫りになっている。

 DXの計画・取り組み領域(出典:電通デジタル) DXの計画・取り組み領域(出典:電通デジタル)
※クリックすると拡大画像が見られます

 主な調査結果は以下の通り。

  • DXに着手している企業は70%(2018年度から7%増加)
  • DXの計画・取り組み領域では、データ活用戦略策定、組織開発、人材開発・採用がやや増加
  • DXの現状の担い手としてはCMO(最高マーケティング責任者)が増加、CIO(最高情報責任者)が大きく減少。複雑化するDXの担い手として、CDOに引き続き期待が集まる
  • 約6割がDXで一定の成果が出ていると認識
  • 成果創出企業は、DX専門組織と専任の役職者を設置
  • 成果創出企業は「DXのビジョン提示」「DX戦略の経営計画への組み込み」「予算確保」など、経営戦略としてDXを推進
  • 成果創出企業は、中期での収益貢献を見込んでいる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]