編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
PDF Report at ZDNet

パブリッククラウドのネットワーク監視がクラウド成功の鍵に

PDF Report@ZDNet

2020-01-10 07:00

 オンプレミスやプライベートクラウドの仕組みと、社外のパブリッククラウドを組み合わせるハイブリッドクラウドによるシステムが企業の現実解として普及しつつある。

 ここで、オンプレミスやプライベートクラウドに限らず、パブリッククラウドのトラフィックも可視化しなければ、システム全体の性能の監視やセキュリティ面の安全性を担保できない。

 課題への意識は高まっており、Google Cloudが11月にネットワーク監視プラットフォーム「Network Intelligence Center」を発表するなど、さまざまな企業が取り組みを発表している。

 一般に、ネットワーク障害の原因を特定するために、パケットを監視するパケットキャプチャーや、サーバー、ルーター、スイッチなどTCP/IPネットワークに接続した通信機器をネットワーク経由で監視する「SNMP(Simple Network Management Protocol)」を用いるのが一般的だった。

 だが、パケットキャプチャーには、処理対象となるデータ量が非常に大きくなるため、大規模回線には不向きである、ネットワーク全体を把握するというよりは、監視対象領域を限定した監視になってしまうといった課題が指摘されている。

 最近になり、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azure、Google Cloudなど主なクラウドサービスが、Flow Logの機能を追加している。ユーザーは特定の仮想プライベートクラウド(VPC)ネットワークや、サブネット、特定の仮想マシン(VM)インスタンス、仮想インターフェースからテレメトリデータを収集できる。

 これにより、通信の存在の特定やサイバー攻撃の標的となっている箇所などの解析を、パブリッククラウドでも詳細かつ安価に実施できるようになってきた。

 ネットワークの可視化に関する最新の動向について伝える記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]