アパルトマングループ、人事評価SaaS「HRBrain」を導入--管理職の育成を目指す

NO BUDGET

2019-12-20 11:55

 HRBrainは12月17日、アパルトマングループが人事評価SaaS「HRBrain」を導入し、運用開始したことを発表した。

 アパルトマングループは、アパルトマンを本社とした8社から成る。今後、グループ各社を成長させてから分社化していく計画で、競合企業に対抗するための新たな売上基盤の構築や新規事業の創出が目下の課題となっている。そのためには、事業責任者やマネージャー層の人材育成が必要不可欠である一方で、従来の人事評価は紙書類で管理され、目標シートの場所を見失うこともたびたびあったという。面談の内容も口頭で引き継ぎされており、目標の設定や面談内容はマネージャーごとに管理され、評価に統一感がないことも問題となっていた。

 マネジメントスキルを向上するため、まずはデータの管理を統一することから始め、HRBrainの導入を決めた。組織が拡大していく中で、システム内に蓄積されるデータを活用するための環境を整備し、データに基づく人材育成を推進する。これによってグループ全体のさらなる成長につなげる狙いだ。

 データの活用を前提とした社員教育制度を構築し、これまでグループごとに偏りのあった目標や評価などをシステムで管理することで、組織全体での統一感のある目標設定を可能にし、被評価者の納得度の高い公平かつ公正な評価につなげる。

 今後は、面談の内容をログとして残すことで従業員の不安や目標を把握することが可能になり、それらを活用した人材育成を進めていく計画だ。さらに、働き方の多様化と従業員の成長のため、グループ間のジョブローテーションを増やし、不動産に関する総合的なコンサルティングができるハイブリッド型の人材を育てていく予定だとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]