編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Raspberry PiでWindowsアプリ実行するエミュレータ「ExaGear Desktop」

ZDNet Japan Staff

2019-12-22 08:00

 35ドルの「Raspberry Pi」で「Windows」デスクトップソフトウェアを動かしたい場合、選択肢はあまり多くない。

 初期状態だと、WindowsデスクトップソフトウェアはPiで動かない。その理由はたくさんあるが、重要なのは、PiのARMベースのプロセッサが通常のデスクトップPCに搭載されているx86ベースのCPUと根本的に異なる、ということだ。

 しかし、いくつかのツールを追加で購入することを厭わないのであれば、PiでWindowsソフトウェアを動かす方法はいくつかある。

 「ExaGear Desktop」を使う方法もその1つだ。ExaGear Desktopはエミュレートされたx86システムを提供することで、Windowsアプリのほか、通常ならPiで動作しないさまざまなx86 Linuxソフトウェアを実行することも可能にし、それらにはSkypeやSpotifyなどが含まれる。

(本記事は、TechRepublic Japanで2017年11月14日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]