編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
日本株展望

10~12月が強いと1月は弱い?--日経平均、1月のアノマリーに要注意

ZDNet Japan Staff

2019-12-24 10:16

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 10~12月が強いと1月は弱い:1月のアノマリー
  2. 1月に相場の流れが変わる原因とは
  3. 1月のリターンリバーサル:過去の事例

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

10~12月が強いと1月は弱い:1月のアノマリー

 日経平均株価は、昨年(2018年)来の高値に迫る2万4000円前後まで上昇している。12月30日の大納会まで大きな材料は出ず、このまま高値圏で推移する可能性もある。それでは、1月6日大発会から始まる新しい年の相場はどうなるだろう?

 1つ気になるのは、1月のアノマリー(季節ごとに繰り返す相場のパターン)である。日本株でも米国株でも、1月は相場の流れ・物色動向が変わりやすいことで知られている。実際、過去の日経平均を見ると「12月まで高く、1月から安い」あるいは「12月まで安く、1月から高い」パターンが多いことが分かる。

 2018年も年末~年初で大きく相場の流れが変わった。2018年12月に急落した日経平均は2019年1月から急反発している。2018年12月の日経平均が前月比-10.5%だったのに対し、2019年1月は前月比+3.8%だった。

 ただし、年末安・年初高は近年では珍しいパターンだった。一昨年(2017年12月~2018年1月)までの15年間で見ると、圧倒的に年末高・年初安のパターンが多かったことが分かる。

<12月・1月の日経平均騰落率(前月比):2003年12月~2018年1月>

注:楽天証券経済研究所が作成
注:楽天証券経済研究所が作成

 日経平均だけでなく、NYダウ平均株価も近年は1月に下がる傾向があった。10~12月まで強かったNYダウが、1月は利益確定売りから始まるパターンがよく見られた。

 アノマリーと言われているものには、ただの偶然もある。たまたま過去がそうだっただけで、今後も同じことが起こる理由が何もない場合もある。例えば、「節分天井、彼岸底」という相場格言がそうである。「株が2月初めに天井をつけて下がり、3月後半に底をつけて反発に転じる」という意味だが、最近は全く当たっていない。

 筆者は過去25年、ファンドマネージャーをやってきたが、アノマリーなるものをほとんど無視して運用してきた。ただし、「1月に相場の流れが変わる」というアノマリーだけは無視することができなかった。何回も繰り返し起こるからだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]