編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

幅が広がったリミニストリート「第三者保守サービス」の魅力とは

松岡功

2019-12-26 07:00

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回は、日本リミニストリートの第三者保守サービスであるOracle向け「アプリケーション管理サービス」を取り上げる。

Oracle向けアプリケーション管理サービスを提供開始

 エンタープライズソフトウェアの第三者保守サービスを手掛けるRimini Streetの日本法人である日本リミニストリートは先頃、Oracle向けアプリケーション管理サービスの提供を開始したと発表した。サービス範囲には、Oracleデータベースやミドルウェアに加え、E-Business Suite、JD Edwards、PeopleSoft、Siebelなど幅広いOracleアプリケーションが含まれる。(図1

図1:Rimini StreetのOracle向けアプリケーション管理サービスの紹介サイト(出典:Rimini Street)
図1:Rimini StreetのOracle向けアプリケーション管理サービスの紹介サイト(出典:Rimini Street)

 同社によると、この新サービスを活用することで、高い費用に見合わないソフトウェアベンダーの年間サポートを、より迅速で包括的なサポートサービスに置き換えることができる。加えて、同社が提供する統合されたアプリケーション管理とサポートサービスにより、日常的なOracleシステムの管理を同社に任せることができるようになる。

 このOracle向けアプリケーション管理サービスには、システム管理、運用サポート、ヘルスモニタリング、およびエンハンスメントサポートが含まれている。

 Rimini Streetで最高経営責任者(CEO)を務めるSeth A. Ravin氏は新サービスについて、「世界中のOracleユーザーは、Oracleデータベースおよびアプリケーションの管理・サポートを当社に任せられるようになると同時に、競争優位性を創出して成長を促進し、ビジネスを変革する戦略に社内リソース、時間、予算を集中させることができる」と述べている。

 以上が、日本リミニストリートが発表した新サービスの内容だが、これを機に同社が展開する第三者保守サービスについて紹介しておこう。

第三者保守サービスで“価格破壊”を起こした背景

 第三者保守サービスとは、製品メーカーではない第三者の業者が行う保守サービスのことをいう。IT分野ではハードウェアのこうした業者は多いが、エンタープライズソフトは、例えばOracleやSAPといったメーカーが保守サービスも手掛けている。そこに“価格破壊”をもって参入したのがRimini Streetである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]