編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

新明電材、「SAP S/4HANA」採用--独自システムからパッケージに切り替え

NO BUDGET

2019-12-25 13:09

 電設資材専門商社の新明電材は、SAPの統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA」を採用し、2019年6月から導入を進めている。SAPとシステムインテグレーターのDTSが発表した。DTSがプロジェクトの管理運営や新業務設計、テンプレートを活用したシステム構築、稼働後の運用保守を担当する。

 新明電材では長年、独自に開発した基幹システムを運用してきたが、属人的なシステム運用からの脱却や現場対応力の強化、組織体制の整備に対応する次期経営基幹システムとして、S/4HANAを採用したという。

 変化の多いビジネス環境を下支えするIT基盤は、柔軟性が欠かせない。そのためス独自開発による構築案は初期段階で検討から外し、アドオン開発が少なく維持・運用性を重視したパッケージを前提に比較検討を行ったとのことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]