第4回:「カスタマーサクセス」で考えるITの使い方--編集部新春放談 - (page 3)

阿久津良和

2020-01-14 07:00

ZD國谷:そこは、サービスプロバイダーもビジネスの観点からできるだけ標準の機能を顧客に提供することに徹し、顧客の多様な目的を実現していくカスタマーサクセスの領域には踏み込みづらいのかもしれません。

 例えば、かつてはERP(統合基幹業務システム)パッケージを導入して、その機能にビジネスプロセスを合わせれば「世界レベルの業務」を実現できるとうたわれていましたが、実際にはユーザー企業が自身の要望に合わせてアドオンやカスタマイズを重ね、スパゲティ状態になってしまった経験があります。その意味でカスタマーサクセスという文脈からユーザーがSaaSを自社の要件に寄せて使おうとすると、ERPで起きたことが再来するかもしれません。

TR田中:ERPの議論でよく言われるのが「服に身体を合わせる」のか「身体に服を合わせるのか」。SAPなどのERPパッケージベンダーは前者を提案し、日本の企業はそれを嫌がって後者を選択してきました。そこで出てきたのがアドオンです。カスタマイズしすぎてアップグレードできないという問題につながりました。

 日本企業もシステムの導入や使い方をもう一度検討すべき時期にあると思っています。経済の動きは激しく、合併や買収も増えています。日本企業が従来の方法を選択していては世界に追いついていけません。むしろパッケージにある標準で用意したベストプラクティスのプロセスを選択するという意見も当然のように出ています。欧米では、事業売却は当たり前の時代、システムの活用も標準プロセスに合わせるべきかどうかをもう一回議論すべきでは、と思っています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]