編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

「Amazon S3」から「Google Cloud Storage」に移行したSpotifyの教訓

ZDNet Japan Staff

2020-01-05 08:00

 データをまとめて、あるクラウドから別のクラウドに移行するのは、引っ越しのようにストレスの多い経験になることがある。

 「だが、皆さんが思われるほど大変でもない」と、Jyrki Pulliainen氏は語る。同氏は音楽ストリーミングサービス「Spotify」のソフトウェアエンジニアとして、「Amazon Web Services(AWS)」から「Google Cloud Storage」への約15億個のファイル移動を監督したばかりだ。

 Spotifyはこの3ペタバイトのデータを移行する際に、幾つかの問題でつまずいたが、移行プロセスは10月中旬までの数週間で完了し、大きなトラブルは起こらなかった。

 以下では、Spotifyが「Google Cloud Platform」への乗り換えの一環として「AWS Simple Storage Service(S3)」からGoogle Cloud Storageへの移行を通じて学んだ教訓を紹介する。

(本記事は、TechRepublic Japanで2016年11月2日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]