編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

AI活用で電話業務を自動化--NTTドコモとNTTデータが連携

大場みのり (編集部)

2020-01-07 16:58

 NTTドコモ(ドコモ)とNTTデータは1月7日、人工知能(AI)を使った電話応対業務の自動化で連携すると発表した。AIによる電話業務の自動サービスを提供することが目的。2020年初旬から実業務におけるサービスの有用性を検証する実証実験を行い、2020年4月以降に企業や自治体へサービス提供する予定。

 今回のサービスでは、ドコモが提供する対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」と、Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウド上にコールセンターを構築する「Amazon Connect」を組み合わせて開発。これに、NTTデータが自社RPAツール「WinActor」とRPA管理統制ツール「WinDirector」の提供実績から導き出した自動化ニーズのある用途に適用する。さらにWinActorと連結させることで、PC操作を含めた電話業務を一貫してAIが代行するサービスの提供を目指している。

同サービスの利用イメージ(出典:NTTドコモ、NTTデータ) 同サービスの利用イメージ(出典:NTTドコモ、NTTデータ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 これにより、従来オペレーターが電話応対しながらPC操作をする、もしくはオペレーターが受け取った依頼を別の担当者に渡してPC処理をしているといった業務プロセスを一元的に自動化し、生産性を向上させることが可能となるという。

 ドコモとNTTデータはさまざまなサービスやパートナー企業と連携することで、音声を活用したビジネスのデジタル化や、音声を利用したオフィス業務の効率化による生産性の向上を実現し、電話業務をデジタル技術で自動化することを目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]