編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

「Kubernetes」の引力--テクノロジーに保守的な銀行も飲み込む

ZDNet Japan Staff

2020-01-13 08:00

 「Kubernetes」はインフラストラクチャーAPIの標準となり、Red Hat、Mesosphere(現D2IQ)、Pivotalなどのベンダーもその引力から逃れられずにいる。企業のアプリケーション開発支援をビジネスにしているなら、Kubernetesをサポートする必要がある。議論の余地はない。

 アプリケーションを開発している企業では、今もKubernetes導入の意欲がやや強く、CNCFの2018年の調査では、Kubernetesを本番稼働させている企業は40%だった。まだKubernetes行きの列車に乗り込んでいない60%の中には、リスクを避けたがる銀行が含まれている。

 垂直産業の1つである伝統的な銀行は、常に先端技術を追求するヘッジファンドや証券会社とは異なり、必要に迫られない限りは、テクノロジーを切り替えたがらないものだ。一部の銀行は、いまだに30年前のメインフレームテクノロジーを使ってATMネットワークを運用している。

 この現状をKubernetesが変えつつある。筆者の聞くところによると、INGがKubernetesを利用しているようだが、これはDevOpsコミュニティーの他のアーリーアダプターに追随したユースケースだ。

 コンテナーとオーケストレーションはCI/CDの改善に大いに役立つ可能性があるとはいえ、伝統ある銀行が、そのような新しいテクノロジーで実際の業務を進めることはあるのだろうか。

 Kubernetesの勢いが増していることを示すものの1つとして、イタリア最大手の銀行の事例を紹介しよう。今後の話だけではなく、現在の使用例もある。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年10月31日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]