編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

auカブコム、リモートアクセス管理と標的型攻撃対策でセキュリティを強化

藤代格 (編集部)

2020-01-15 07:15

 インターネット証券のauカブコム証券(千代田区、単体従業員数175人)は、リモートアクセス管理サービス「Enterprise Application Access(EAA)」、標的型攻撃対策サービス「Enterprise Threat Protector(ETP)」を導入。セキュリティ対策を強化しつつ、運用負荷を削減したという。1月10日、両サービスを開発、提供するアカマイ・テクノロジーズ(アカマイ、中央区)が発表した。

 従来はリモートアクセスの安全性を確保するためにVPNを活用。クラウドファーストを推進するなかで、運用の煩雑さやコスト、洗練化、巧妙化する脅威へのサイバーセキュリティ対策などを課題としていたという。

 社内やパブリッククラウドへのアクセス制御を効率化できるEAAによって、セキュアなリモートアクセスとフローを簡易化。シングルサインオン(SSO)の体制を実現でき、回線帯域のコスト、VPNへの投資コストを削減できるとしている。

EAAの概要イメージ(出典:アカマイ)
EAAの概要イメージ(出典:アカマイ)

 DNSベースのETPでは、日々必要だった危険ドメインの更新作業を自動化。マルウェア感染予防を強化し、運用負荷を低減したという。

ETPの概要イメージ(出典:アカマイ)
ETPの概要イメージ(出典:アカマイ)

 VPN機器やファイアウォールの導入、更新が不要で、オンプレミス、パブリッククラウドなどに分散するアクセスを一元管理できる体制を構築したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]