編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

グーグル、ノーコードアプリ開発プラットフォームのAppSheet買収

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-01-15 12:08

 Googleは米国時間1月14日、職場でのアプリ構築を支援するためのノーコード開発プラットフォームを手がけるAppSheetの買収を発表した。Googleは同社のブログに、AppSheetのプラットフォームによって「アプリケーション開発分野を再定義するというGoogle Cloudの戦略が補完される」と記している。買収条件は明らかにされていない。

 AppSheetはシアトルを拠点とする企業で2012年に創業した。AppSheetのプラットフォームは5年以上前から稼働している。また、同社の顧客にはPepsiやKLB Construction、トヨタ自動車、Whirlpool、Global Cancer Institute、Costco Wholesale、ミシガン大学などが名を連ねている。

 AppSheetの最高経営責任者(CEO)Praveen Seshadri氏は同社のブログで、「われわれの成熟とともにIT業界も成熟しており、企業における自動化への潜在的な需要が高まっている。そしてローコードプラットフォームやノーコードプラットフォームの台頭により、業務担当者による開発が、今日における組織の投資や革新、競合に向けた戦略的な手段として浮上してきた」と説明している。

 Googleは、Google Cloudで金融サービスや小売、メディアなどの主要な特定業界向けのサービスに注力するなかで、顧客関係管理(CRM)や現場監査、パーソナライズされたレポート作成などの職場のアプリケーションの強化に向けて、AppSheetの機能を統合していく計画だ。

 AppSheetのチームはGoogle Cloudに加わり、AppSheetの既存サービスを運用し続けるとともに、新規および既存顧客をサポートしていく。

 AppSheetの顧客は既に、「G Suite」や「Google Cloud」のデータソースとの統合を行えるようになっている。またAppSheetは、他のクラウドでホストされている「Office 365」や「Salesforce」「Box」「Dropbox」といったデータソースや、データベースとの統合のサポートを継続する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]