編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

シュナイダー、エッジ向けマイクロデータセンターを発売 - 9/11

國谷武史 (編集部)

2020-01-15 17:25

 シュナイダーエレクトリックは1月15日、工場や店舗などに設置可能なエッジコンピューティング向けITインフラソリューション「EcoStruxure マイクロデータセンター」を24日から日本国内で提供すると発表した。サーバーメーカーなど同社パートナー経由で販売される。

マイクロデータセンター機器を収納する6Uサイズのラック
マイクロデータセンター機器を収納する6Uサイズのラック

 EcoStruxure マイクロデータセンターは、海外では2019年10月に発表された。6Uサイズのラック内に1Uサーバーを最大4基搭載でき、無停止電源装置(UPS)やセキュリティ監視装置、配電機器を内蔵するほか、ファシリティー管理のクラウドサービス、設計や構築、設置、運用までのサービスなどで構成されている。

 同日開催の記者向け説明会では、データセンター関連事業を担当するセキュアパワー事業バイスプレジデントの多田直哉氏が、「IoTでは、工場や店舗、医療といった現場のエッジ環境におけるITシステムが必要とされ、大規模データセンターとも連携する分散処理が行われる。エッジ環境では、設置や長期的な運用、適切な管理などが難しいという課題があり、それらを解決すべく開発した」と説明した。

 EcoStruxure マイクロデータセンターで想定されている主な利用シーンは、流通では多店舗における現場のITシステムや無人店舗での販売システム、医療では病院などの医療システム、教育では校舎などが分散する学校、製造では生産設備の管理などがある。海外では2019年11月に提供を開始しており、既に小売企業で導入に向けた準備が進んでいるという。

 6Uサイズのラックは、耐荷重が113kgで床や壁面に設置できる。UPSは、寿命10年のリチウムイオンバッテリーモデルあるいは零下10~摂氏55度で動作可能なモデルを選択でき、セキュリティ監視装置「NetBotz」では監視カメラによる映像監視やセンサーによるラックの開閉検知、温度監視による自動での冷却操作などの機能を備えている。運用監視のクラウドサービスは、同社もしくはマネージドサービスプロバイダー(MSP)が提供するもので、2020年上半期にはデータ分析に基づく最適な運用方法をアドバイス機能も予定している。

 マイクロデータセンターのシステム構成としては、同社と協業するHewlett Packard Enterprise(HPE)やCisco Systems、NetApp、Dell Technologies、Lenovoなどのパートナーがレファレンスアーキテクチャーを用意。これに基づいてシュナイダーの機器・サービスと各社のサーバーなどを組み合わせて提供される。また、MSPからも独自のサービスメニューなどを追加した形で提供されるという。

 エッジコンピューティングは、データの発生源に近い場所で分析処理や制御などを行う概念。現場とクラウドデータセンターによる処理が遅延によって困難なケースや、クラウドデータセンターのような巨大なコンピューティングリソースを必要としないなどの用途に向いているとされる。例えば、現場でデータの機械学習を行いながら機器を制御する人工知能(AI)アルゴリズムを開発したり、補正したりするためのITインフラといった用途がある。

シュナイダーエレクトリック セキュアパワー事業バイスプレジデントの多田直哉氏
シュナイダーエレクトリック セキュアパワー事業バイスプレジデントの多田直哉氏

 多田氏は、「エッジのコンピューティングシステムはありとあらゆる現場に多数設置されていくが、それを管理するためのリソ―スは増えない。クリーンなデータセンターと違って稼働環境が厳しい設置場所もあり、そこで可用性や耐障害性を高めないといけない要件もある。マイクロデータセンターはそれらに対応する」と述べた。

集じんフィルターを設置したところ

集じんフィルターを設置したところ

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]