編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

GitHub、「Android」版アプリのベータ版リリース

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-01-16 12:12

 Microsoft傘下のGitHubが、「Android」アプリのベータ版を新たにリリースした。開発者はスマートフォンからある程度のコーディング作業ができるようになる。

GitHub
提供:GitHub

 GitHubは11月に開催したカンファレンスでモバイルアプリケーション「GitHub for mobile」を発表した。まず「iPhone」と「iPad」で利用できる「iOS」向けのベータ版を提供している。今回Android版がリリースされ、開発者はAndroidアプリのベータプログラムにも登録できるようになった。

 このアプリは、完全なデスクトップ開発環境を必要としないような作業で利用することを想定したものだが、コードレビューや設計の変更、変更のマージなどで利用できるほか、どこからでもほかのユーザーと共同作業ができる。

 GitHubのエンジニアリング担当ディレクターRyan Nystrom氏は、次のように述べている。「こうした作業を外出先で、完全にネイティブな体験で、容易に完了できるようにしようとしている。モバイル向けのGitHubを利用すれば、どこにいても、作業を前に進めたり、チームと連絡を取り合ったりする柔軟性が得られる」

 Android版アプリは、「Android 5.1」以降を搭載していればどの端末でも利用できる。GitHubによると、同アプリは複数の画面サイズや、ダークモードなどの設定をサポートする。

 Android版のウェイティングリストに登録済みの開発者には、プログラムに招待するリンクを含む招待状がメールで送られる。GitHubによると、ベータプログラムの定員は限られているが、準備が整い次第拡大するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]