編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「デジタルバリュー」を有効活用--JCBと富士通が決済連携基盤の構築へ

NO BUDGET

2020-01-20 15:39

 ジェーシービー(JCB)と富士通は、新たな決済連携プラットフォームの創出に向けた共同プロジェクトを開始した。JCBが発表した。

 新プラットフォームでは、個人が持つデジタル通貨や地域通貨、店舗独自のポイントやカードポイントなど、それぞれの機関がデジタルで管理している価値「デジタルバリュー」を支払い方式に応じて適切な通貨やポイントに変換し、有効活用できるようにするという。

 JCBが持つ決済に関する知見と、富士通の技術「コネクションチェーン」を活用し、両社でプラットフォーム開発に向けた検討と実証を行っていく。コネクションチェーンは、異なるブロックチェーンやエコシステム間をブロックチェーン技術により安心・安全に相互接続する技術。

利用者が保有するデジタルバリューについて(イメージ)(出典:JCB)
利用者が保有するデジタルバリューについて(イメージ)(出典:JCB)
決済連携プラットフォーム創出による効果(イメージ)(出典:JCB)
決済連携プラットフォーム創出による効果(イメージ)(出典:JCB)

 両社は2019年4月、コネクションチェーンを活用したデジタルバリューの決済モデルに関する実証実験を開始。今回のプロジェクトでは、さらに具体的な技術検証や新たなサービスモデルについて検討・推進していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]