編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

転入届をタブレットとQRコードでデジタル化--NECとつくば市が共同研究

NO BUDGET

2020-01-21 13:45

 NECと茨城県つくば市は1月21日、市民窓口業務の改革に向けた共同研究を開始した。NECが発表した。同社の「窓口改善ソリューション」を用いて、タブレット端末とQRコードで転入届をデジタル化する実証実験を実施する。

転入届におけるデジタル化のフロー(出典:NEC)
転入届におけるデジタル化のフロー(出典:NEC)

 窓口改善ソリューションの利用により、申請者のスマートフォンなどで入力された情報がSQRC(読み取り情報を制限できるQRコード)化され、窓口職員がこのコードを読み取った後、申請者が庁内のタブレット端末上で申請内容を確認し、受付が完了する。届け出情報はRPA(ロボティックプロセスオートメーション)により、業務システムへ自動登録される。

スマートフォンでの入力画面と窓口での読み取りの様子(出典:NEC)
スマートフォンでの入力画面と窓口での読み取りの様子(出典:NEC)

 庁内業務を効率化することで、窓口の混雑緩和・待ち時間の減少など市民サービスの向上を図るとともに、ペーパーレス化・職員の手入力時間の削減を通して働き方改革を加速していく。つくば市では今回の共同研究を生かし、将来的にさまざまな窓口手続きのデジタル化を目指していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]