編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

シトリックス、脆弱性の修正パッチを前倒しで公開

ZDNet Japan Staff

2020-01-21 14:34

 Citrix Systemsは米国時間1月19日、ネットワーク製品「Citrix Application Delivery Controller(ADC)」や「Citrix Gateway」などで報告された脆弱性を修正するパッチの提供を段階的に開始した。脆弱性を悪用する攻撃が既に発生しており、ユーザーには速やかなパッチ適用を勧告している。

 脆弱性が存在する製品は下記の通りとなっている。

  • Citrix NetScaler ADCおよびNetScaler Gatewayのversion 10.5
  • Citrix ADCおよびCitrix Gatewayのversion 11.1/12.0/12.1/13.0
  • Citrix SD-WAN WANOP softwareおよびappliance model 4000/4100/5000/5100でサポートされたビルド

 同日公開された修正パッチは、Citrix ADCおよびCitrix Gateway version 11.1/12.0向けのもので、更新ビルドは11.1.63.15および12.0.63.13となっている。

 同社は、修正パッチを米国時間20~31日に公開すると予告していたが、最新の予定ではこれを前倒し、残る製品の修正パッチを24日にリリースするとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]