編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

5G活用で遠隔運転の車両に動画広告配信--匿名位置情報による効果測定も

大場みのり (編集部)

2020-01-21 17:22

 サッポロ不動産開発、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTドコモ(ドコモ)は1月21日、第5世代移動体通信システム(5G)を活用して遠隔運転で動く車両に店舗の動画広告を配信する実証実験を実施すると発表した。ソニーが開発したコンセプトカート「SC-1」を使用する。実施期間は1月22~23日、場所はサッポロ不動産開発が所有する札幌市のショッピングモール「サッポロファクトリー」。

 併せて、NTT Comの人流解析ソリューションを使って広告効果の測定を行う。実証実験を通して、複合商業施設への5G展開とその活用法を探るという。なお実験の当日は、会場であるサッポロファクトリーに5Gの可搬型移動基地局を設置し、5Gのプレサービスエリア化を行う。

SC-1への動画広告配信イメージ(出典:サッポロ不動産開発、NTT Com、ドコモ)
SC-1への動画広告配信イメージ(出典:サッポロ不動産開発、NTT Com、ドコモ)

 実証実験では、5Gの高速大容量という特性を生かし、SC-1を「動くデジタルサイネージ」として、以下の検証を行う。

  • 「ドコモオープンイノベーションクラウド」に格納されたサッポロファクトリーにおけるテナント店舗の広告映像などを、同モールを回遊するSC-1にリアルタイム配信
  • 都内で開催される「DOCOMO Open House 2020」の会場からSC-1を遠隔運転
  • 施設内の無線標識で得られた来場者の匿名位置情報による、人流解析と広告効果測定

 今後は、実証実験で得られた成果を生かし、サッポロファクトリーをはじめとした全国の複合商業施設などにおける次世代の広告配信サービスの創出を目指していく。また、各施設への送客や訪問客への適切な案内などを行うとともに、デジタルサイネージ配信とAI(人工知能)などを組み合わせることで、広告配信を効果的に展開することも検討している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]