編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向
日本株展望

株式売りは世界に伝染するか、新型肺炎とトランプ大統領の行く末

ZDNet Japan Staff

2020-01-24 10:32

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 新型肺炎を巡る不安が株式売りの口実に
  2. トランプ大統領の「再選予想確率」が上昇している
  3. 経済悲惨度指数の低下と株高はトランプ再選の追い風

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

新型肺炎を巡る不安が株式売りの口実に

 中国・武漢で発生したコロナウイルスによる新型肺炎の発症者が570人を超え、死者は17人となった(23日の報道)。米国や日本でも感染者が発見されたことが株式市場の悪材料となっている。「中国政府が感染の深刻さを過小評価し対応が遅れた」との見方で、中国株や香港株は急落。日経平均株価も2万4000円割れに押される展開となった(図表1)。

 WHO(世界保健機関)は、「新たな感染の報告例から、持続的な人から人への感染が起きている可能性がある」と警戒(21日)。中国は24日から春節(旧正月)による大型連休が始まり、海外旅行に出る中国人が増える時期で、市場は最悪のケースとされる「パンデミック(感染症の世界的流行)」を過度に不安視しているようだ。特に日本では、2019年のインバウンド(訪日外国人客)総数約3118万人のうち、中国人訪日客数が約959万人と約3分の1を占めており、今週は資生堂などインバウンド関連銘柄が売られる場面が見られた。株式は高値圏で推移してきただけに、新型肺炎が利益確定売りの「口実」となっている感がある。

 株価下落によるリスク回避姿勢で為替も円高となり、ドル/円相場は110円割れとなった(23日15時現在)。米国で10~12月期決算発表が続く中、「過剰流動性」をエンジンとしてきた米国株高が日本株の支えとなってきた。目先の日本株は、新型肺炎の行方、米国株の値動き、為替相場の変動に神経質な展開を余儀なくされそうだ。

図表1:新型肺炎不安で香港ハンセン指数は急落

出所:Bloombergをもとに楽天証券経済研究所作成(2019/1/1~2020/1/23)
出所:Bloombergをもとに楽天証券経済研究所作成(2019/1/1~2020/1/23)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]