編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NECと日立、RPAの運用最適化で協業拡大--運用管理ガイドの共同策定、関連ソフトの相互供給

NO BUDGET

2020-01-24 11:29

 NECと日立製作所は1月23日、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)やAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などの技術を取り入れたシステムの運用最適化に向けて協業を強化すると発表した。

 第1弾はRPAの運用課題に取り組む。両社がRPAツールや運用管理ソフトで培ってきたシステム連携や業務自動化のノウハウを組み合わせ、RPAの継続的な運用改善や効果的な全社展開などを支援していく。

 共同で策定した運用管理ガイドを3月に公開し、他ベンダーの知見も取り入れた形で発展させていく予定としている。またRPA関連の運用管理ソフトを相互に供給し、両社の製品群に加えた上で3月に販売を開始する。

 運用管理ガイドでは、RPAの本格導入に必要となる運用設計や内部統制の考え方、稼働後の実行統制や稼働環境の監視に加え、導入評価や改善変更点の管理など各種シーンに対応可能な指針、直面することの多い課題に対する対応策を一般に公開する。個別のRPA製品や運用管理ソフトに縛られない一般的な指針にすることで、企業や組織のRPA活用の継続的な改善を支援していく狙いだ。

 ソフトウェアの相互供給では、両社が有するRPAの運用管理に有用なソフトウェア群の一部をOEM形態で提供する。RPAに適した作業の選定・把握や、RPA化した作業状況の一元的な管理が容易となるほか、導入範囲を拡大する際の業務手順、作業手順の自動化、マニュアルの作成、業務改善効果の測定などを効率化できるという。

相互供給を開始する製品の一覧
相互供給を開始する製品の一覧(出典:報道資料)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]