5GとSD-WANの相乗効果を確認--NTTPC

NO BUDGET

2020-01-27 10:05

 NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は、5G(第5世代移動体通信)ネットワークとSD-WAN(ソフトウェア定義型Wide Area Network)技術との組み合わせによる相乗効果の確認を目的に実証実験を行った。同実証はNTTドコモが提供する「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画して実施された。

 NTTPCは、NTTグループが開発したSD-WAN技術をベースに、「Master'sONE CloudWANサービスを2017年から提供し、近年はIoT(モノのインターネット)によるデータ活用や、「働き方改革」に向けたデジタルトランスフォーメーションの推進など、ネットワークの利用目的や期待される効果に変化が起きていることに着目して、この実証を行うことにしたという。

実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

 実証実験では、NTTドコモの「5Gプレサービス」環境とNTTPCバックボーンネットワークを接続することにより、高速・低遅延という5Gネットワークの特性を生かすことで、セキュリティを考慮しつつ柔軟に設定変更が可能な閉域ネットワーク環境を構築した。

 同環境において各種SaaSやウェブ会議の動作検証を行い、有効に利用できることが確認されたという。また、これにより今後工場IoTなどの分野でも5GネットワークとSD-WANを組み合わせた簡素、柔軟なネットワークの構築が期待できることが明らかになった。

 NTTPCでは今後、5Gおよびローカル5G事業者はもとより、各分野のパートナー企業と連携し、5Gネットワークの特性を最大限生かしたエッジでのデータ処理や大容量映像配信などの新たなソリューションの創出および拡大を目指していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]