編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
PDF Report at ZDNet

いよいよ商用化スタートの5G--可能性とリスク、各社の思惑

PDF Report@ZDNet

2020-01-27 11:00

 2020年に入り、いよいよ5G(第5世代移動体通信)サービスが開始される。KDDI 代表取締役社長の高橋誠氏は、「政府が推進する『Society 5.0』を実現するための基盤として、新世代のネットワークを始動させる」と年頭所感で触れた。まずは、5Gで何が可能になるのか純粋に楽しんでみる、というのもいい。

 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、KDDI、宮崎大学工学部 情報処理システム研究室(宮崎大学)、北海道上士幌町、とかち村上牧場は、5Gで伝送した牛舎内の乳牛の4K映像を用いて、耳標(じひょう)の読み取りによる乳牛の居場所の把握と遠隔からの見守りを行う実証試験を実施した。

 搾乳や給餌(きゅうじ)などの労働負荷を軽減し、大規模経営に適したフリーストール牛舎の導入が進んでいる。

 リスクもある。欧州ネットワーク情報セキュリティ庁ENISAは、次世代のモバイル接続技術である5Gのネットワークにハッキングを試みる可能性が高いと考えられるグループのリストを公表。5Gが普及すれば、通信インフラストラクチャーなどのセキュリティ上の脅威が拡大すると警告を発している。

 5Gがもたらす可能性とリスクについて、2020年を迎えたこの時点で、改めてまとめた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]