編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

マイクロソフト「Dynamics 365」「Power Platform」の新機能など概要明らかに

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-01-28 15:50

 Microsoftは、「Dynamics 365」「Power Platform」に追加する予定の主な機能に関する情報を公開した。この「ウェーブ1」のアップデートでは「数百」の新機能が追加され、その多くは2020年の4~9月にかけて公開されるという。

Dynamics 365
提供:Microsoft

 米国時間1月27日に投稿されたブログ記事では、Dynamics 365の各アプリケーションごとにウェーブ1で提供される機能を紹介している。ウェーブ1で提供されるDynamics 365の機能を1つの文書にまとめたPDFファイルは、1月31日に公開される予定になっている。

 今回発表されたアップデート内容やDynamics 365の新機能の多くは、早期アクセスの形で2020年2月から段階的に利用可能になり、4月に一般提供が開始される。

 「Dynamics 365 Marketing」には、多くの新しい電子メールメッセージやExcelのデータエクスポート機能に加え、サードパーティーのコンテンツ管理システムや「Microsoft Forms Pro」との連携機能が追加される。「Sales Insights」では、より高度な会話分析機能と感情検出機能が利用できるようになる。「Customer Service Insights」では、「Power Virtual Agents」との統合機能が強化される。

 また「Field Service」には、インシデントの種類とIoTアラートにAIベース提案が追加されるという。さらにMicrosoftは、2020年のウェーブ1で、「Finance and Operations」のアプリケーション横断機能に対するアップデートの一環として、「Common Data Service」のデータのサポートを追加する。

 「Finance」と「Human Resources」には、多くの追加的なアップデートが提供されるようだ。

 ウェーブ1に関する説明には、「Industry Accelerator」についての記述もある。Acceleratorは特定業界向けのアプリケーション開発を加速させるものだ。今回のリリース計画では、非営利団体、金融業界、医療業界、自動車業界向けのAcceleratorが挙げられている。

 またMicrosoftは、ローコード開発環境である「Power Platform」にも多くの新機能を追加する予定だ。(新機能の完全なリストを参照したければ、オンライン資料で「Power Apps」「Power Automate」「Power BI」などの個々のセクションをクリックして表示させる必要がある)

 Power Automate(元「Flow」)には、「Teams」を利用した生産性向上機能、「Azure」の統合などが追加されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]