編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NTT Com、授業支援システム開発企業を買収--生徒同士の人間関係を把握

大場みのり (編集部)

2020-01-28 21:10

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1月28日、授業支援システム「schoolTakt」を提供するコードタクトの株式を取得し、連結子会社としたと発表した。コードタクトの経営は、現在の経営陣が引き続き行うとしている。NTT Comは以前から、自社の教育クラウドサービス「まなびポケット」でschoolTaktをコンテンツの1つとして提供していた。まなびポケットは現在、60以上の教育委員会、400以上の学校、20万人以上の児童生徒や教職員が利用している。小中高に加え、特別支援学校でも利用されているという。

NTT Com 第三営業本部 担当部長/スマートエデュケーション推進室長の宮川龍太郎氏(左)とコードタクト 代表取締役 CEO/プロオーケストラ指揮者/未踏スーパークリエータの後藤正樹氏(右)
NTT Com 第三営業本部 担当部長/スマートエデュケーション推進室長の宮川龍太郎氏(左)とコードタクト 代表取締役 CEO/プロオーケストラ指揮者/未踏スーパークリエータの後藤正樹氏(右)

 schoolTaktは、協働学習や教員の授業を支援する。例えば読書感想文の教材の場合、従来は児童生徒が読書感想文を書いて教員が採点するだけだったが、schoolTaktではクラス全体で共有でき、児童生徒はクラスメイトの提出物に「いいね」やコメントを送ることが可能となる。加えてテキストマイニングにより、教員は児童生徒がよく使っている単語や、ある単語を使っている児童生徒が一目で分かり、授業の参考にできるとしている。

児童生徒がよく使っている単語一覧(イメージ)。文字のサイズが大きいほど、頻繁に使われている
児童生徒がよく使っている単語一覧(イメージ)。文字のサイズが大きいほど、頻繁に使われている

 「いいね」やコメントを送れる機能は、児童生徒間のコミュニケーションを促進するだけではない。やりとりを分析することで、教員は児童生徒の人間関係を知ることができる。多くの線が交わっている児童生徒は他のクラスメイトに興味を持って/持たれており、その逆は孤立している可能性があるという。学級満足度のアンケート結果などと照らし合わせることで、教員は孤立している可能性のある児童生徒を認識できるとしている。

児童生徒の相関図(イメージ)
児童生徒の相関図(イメージ)

 まなびポケットにコンテンツを提供している企業の中でもコードタクトを子会社化した理由について、NTT Com 第三営業本部 担当部長/スマートエデュケーション推進室長の宮川龍太郎氏は「2014年頃から付き合いがあり、信頼関係を構築してきたのが一番の理由。以前からコンテンツだけでなく、まなびポケットの開発も一部依頼していた。そのため、最も重要なパートナーとして考えていた」と説明した。

宮川龍太郎氏
宮川龍太郎氏

 コードタクト 代表取締役 最高経営責任者(CEO)を務める後藤正樹氏は「教育現場では今後、アクティブラーニングやインクルーシブ教育が推奨され、教員にとっては学級の運営がますます難しくなる。最近は人工知能(AI)を学習に活用したサービスが多いが、個別学習を対象としたものが大半。一方、われわれは協働学習をAI化していこうと考えている。より教員が教えやすい、児童生徒が学びやすい環境を作っていきたい」と語った。

後藤正樹氏
後藤正樹氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]